ターゲットに合わせた字幕の表現方法

現代ならではの効果的な字幕活用法として、「ターゲットに合わせた独自の字幕付与ができる」という点が挙げられます。

映像にテキストを表示できるという字幕の特質を活かせば、動画コミュニケーションでの伝達力、訴求力を飛躍的に高めることができます。字幕を有効活用することで、イメージ戦略の効果を最大化することができるでしょう。字幕は、活用法次第で大きな効果を生み出す「動画全盛時代の切り札」なのです。

オリジナル映像の「価値」引き上げる、目的別の字幕付与

お子様向け字幕

小さなお子様向けの映像には「ふりがな字幕」が必要です。漢字だけでなく国語の勉強としても役立ち、読解力を伸ばす効果にも期待できます。

お年寄り向け

視力が落ちたり、耳が遠くなったお年寄り向けの映像には「大きな字幕」を表示。フォントカラーを変えて目立たせることもできます。

外国語学習向け

あらゆる言語を学ぶすべての人の学習者向けに、たとえば異なる言語の翻訳字幕を2段で同時表示させることができます。縦書き等にも対応し、自由に字幕を配置できます。

説明字幕

映像が発する音声だけでなく、「注意書き」や「補足説明」などに字幕を活用することで、テキスト版簡易テロップとして利用できます。

このように、字幕はフォントの種類、サイズ、カラー、配置などを自由自在に変えることができる為、オリジナル映像の価値を飛躍的に高めることができます。視聴者それぞれが違和感なく、快適に映像を楽しむことができる字幕が、真にインタラクティヴな動画体験を実現する必須ツールなのです。

この他にも、フォントを縦書きにしたり、フォントにエフェクト効果を入れたり、テキストに背景色を付けたり、ふりがな(ルビ)を入れたり、異なる場所に同時に字幕表示を入れるなど、あらゆる字幕編集に対応することでができる為、より多くのユーザーに最適な字幕を提供することができます。