とある従業員の1日


リアルタイム字幕制作スタッフ 都内放送局勤務編


「リアルタイム字幕制作」とは、生放送で出演者が話している音声をリアルタイムにテキスト化する作業です。

放送局内、又は、松戸字幕制作センターで行います。

リアルタイム字幕制作で大切なことは、「素早く」しかも「正確」に字幕を付けなければならないということです。たとえば、聴覚障害をもつ方に、文字でその状況をしっかり伝えなければなりません。場合によっては要約したり、漢字やカナの組み合わせも工夫して、その字幕を必要としている方に、少しでも読みやすく、わかりやすくしなければならないでしょう。当社は自社開発の字幕制作システムを使用しています。このため、ただこれらを使うだけでなく、クライアントに使い方の提案をすることもあります。字幕品質や作業効率をいかに向上させられるかという提案活動も、いつかみなさんの仕事になっていくことでしょう。

字幕制作作業は一見、一人で行う仕事に思われがちです。しかし、聞き取りづらい部分や文字の表記方法など、はじめは自分で調べるのですが、それで確たる答えに辿り着かないことはままあり、そんな時は、周囲の人との共同作業(検討など)となります。字幕制作はコミュニケーション能力も大切な、チームワークですすめる作業でもあるのです。

字幕では、すべての単語に決まった表記があらかじめ定められているわけではありません。制作者はみな、辞書を片手に作業を行います。また、クライアントの指示によって表記方法が定められている場合もあります。そうした制約を踏まえ、なおかつ視聴者にとり最適な字幕を作り上げていくのが「プロ」として求められている仕事なのです。


とある1日


9:00
出社。休み明けはメールのチェックも大変なので、いつもより気合が入る。1日の作業の流れと収録用の資料を確認したら、あとは収録を待つのみ。

10:00
収録開始。リアルタイム字幕は一発勝負。集中力を使うので、途中でお腹が空くことも…。そんな時にはおやつをつまんで、また集中。

14:00
収録終了。お昼休み。時間がある時は、午後に備え、少しだけお昼寝タイム。

15:00
午後の収録の準備。午前中に見つけた変更点は、ここでしっかり修正。資料の確認も忘れずに。

15:30
再び収録開始。今度は午前中とまったく違う番組だから、しっかり頭を切り替えて、集中、集中…。

17:30
収録終了。一緒に作業をしたみんなと反省会。反省会が終わるころには、すっかり雑談会になっていたり。

17:50
退社前の最終確認。送り忘れているメールはないか、明日の作業に必要なデータ作成は終わっているか要チェック。

18:00
退社。今日は久しぶりに学生時代の仲間と飲み会。でも明日も仕事。飲む量はほどほどにしないとね!


仕事は厳しく、しっかり「プロ」を目指す。仕事は仕事、仲間と熱い議論もするけれど、仕事が終われば、あとはそれぞれプライベートライフを尊重したい。

そんなメリハリのきいた職場が好きです。
自分の成長と会社の成長をシンクロさせて頑張れる、自分のそのなかで大切な一人なのだと感じられる。

フェイスは、そういう会社を目指しています。